スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

関節痛治療

ヒアルロン酸は膝などの関節をスムーズに動かす潤滑油の働きをし、コラーゲンは関節のクッションの役割をしているのです。この関節に大切なヒアルロン酸やコラーゲンは年齢と共に減少していくのです。ただし、長い間、膝の痛みを我慢していた人の場合は、治りも遅くなりがちなのです。痛みのために動きを制限されていた期間が長くなると、それだけ関節周囲の柔軟性も低下するのです。基本的にはひざの痛み対策のサポーターはひざを固定するタイプのサポーターとひざの患部を保温することができるサポーターがあるのです。


膝痛などの関節痛治療で、効果が高いといわれるのがヒアルロン酸注射による治療なのです。関節に注射針をさして、ヒアルロン酸を直接注射するため、関節内のヒアルロン酸が増え、膝痛などの症状が軽減するのです。ひざを固定するサポーターを使用すると痛みを和らげることが出来るのです。ヒアルロン酸注射は、ヒアルロン酸を増やして関節の動きをよくするだけでなく、関節内の炎症を抑え、またヒアルロン酸の生成も促してくれるため、根本的な効果も期待できるのです。

スポンサーサイト

2009年06月12日 ひざの痛み トラックバック:0 コメント:0

<< 変形性膝関節炎 | 膝痛 原因TOP | 膝のストレッチの効果 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。