スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ひざのすり減り

ひざのすり減りがますます進行し、ひざの骨と骨のすき間が狭くなってくるのです。そして人によっては間接が変形し、ひざがまっすぐ伸びないようになるのです。だんだんとひざのこわばりがとれにくくなり、痛みも感じられるようになるのです。ひざの中に炎症が起き、熱っぽくなったり腫れることもあるのです。中高年に多い膝の痛みの場合、ほとんどは手術の必要がないのです。たとえば女性に多く見られる膝の病気に変形性膝関節症があるようですが、手術が必要なケースはわずか5%なのです。


ひざの痛みを緩和してくれる働きを持つサポーターなども今ではかなり良いものが登場するようになって来ているようですので、ひざ痛になったから外出がもう出来なくなるという時代は終わったといえるのです。変形性ひざ関節症は、寝ていれば治るという病気ではないのです。むしろ寝たきりになってしまう可能性が高くなってしまうのです。逆に言えば、95%の人は、膝の使いすぎに注意するとともに、ストレッチを行って関節の柔軟性を回復させれば、膝の痛みを解消することが可能だということなのです。

スポンサーサイト

2009年06月10日 ひざの痛み トラックバック:0 コメント:0

<< 膝のストレッチの効果 | 膝痛 原因TOP | ひざの痛み >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。